佐山塾 デン&ケリードッグプロ養成塾

デンケリートップ > 佐山塾トップ > 何を学ぶ

何を学ぶ
BORDING ボーディング
日常の食餌、運動、コンデション等の管理。
ドッグショーに出陳するため、ショードッグを最高の状態に作り、キープする。
日々の管理次第でショーの明暗を分けると言っても過言ではない。

日常の管理は、日々犬と一体にならなくてはならない。
そのために、本塾では全寮制が基本となっている。
GROOMING グルーミング
ドッグショーにエントリーするうえで、グルーミングはとても重要である。
コートの手入れ、耳や爪、歯や皮膚等すべてをチェックする。
日常のコート管理があるからこそ、ショーにおいて最高の状態を表現する事ができる。

最高の状態に持っていけるかどうか、それは普段の鍛錬しだいということになる。
SHOWING ショーイング
ボーディング・グルーミングの集大成。

“一瞬の美の追及”。ドッグショーというステージで表現できるか、それはジャッジに、しいてはギャラリーに対してである。
トップアスリートがそうであるかのように、ハンドラーもまた、ドッグショーというステージに全ての照準を合わせ、コンディションをキープし、意識を高めていく。

決して勝ち負けではなく、自分と犬との世界をいかにして創り上げることができるかだ。